掛け紙(のし)について

①掛け紙
通常は慶事用・一般用・弔事用などの用途別にのしや水引が印刷された用紙のことをさします。

②のし
古くは、贈り物がけがれていないことの印に、生ものを添えたことが始まりです。
のしは『のし鮑(あわび)』の略です。また、のしは慶事の象徴ですので、弔事・お見舞には付けません。

③表書き
贈り物の御用途(ご依頼主の意思)を表します。

④水引
細いこよりに水糊を引いて乾かし固めたもののことで、掛け紙はこれを印刷しています。
水引の色・本数・結び方でご進物の意味が変わります。

⑤御名前
ご依頼主の御名前を入れます。

ご用意している種類

紅白5本花結び

紅白5本結び切り

黒白5本結び切り

御年賀

内祝

御祝

御出産祝

御中元

御歳暮

※上記は一例です。表書きの表記に関しては変更できますので注文時にお問い合わせください。

お問い合わせ